FC2ブログ

Kemo in Oblivion

PC版「The Elder Scrolls IV: Oblivion (オブリビオン)」のMOD紹介、プレイ日記

imac_side_071031 昨日、仕事場に、iMac(20インチ液晶)が届きました。アップルは11月26日に、マックの新OSである「Mac OS X Leopard(マックオーエステン・レパード)」を世界同時発売しました。レパードには、マックを完全にWindows PCとして起動できる仕組み「Boot Camp」が搭載されています。

先日、MacBook ProにWindows Vistaをインストールし、Boot Camp起動でオブリビオンが無事動いた話を書きました(→詳細はこちら)が、今回はiMacで同じように実験してみたいと思います。

オブリビオンするのが目的でMacを買う人はいないのでは?」という、もっともなツッコミはとりあえずおいといて、まあ、やってみましょう。

iMacは、解像度1680×1050ドットが表示できる、20インチワイド液晶一体型のスリムパソコンです。見た目はスリムですが、外箱はでかいです。11kg超とけっこう重たいので、箱から出して机に置くのが一人ではできませんでした。

20インチ液晶、実際に机に置いてみると、ひ、広い……!

設置面積は今まで使っていた17インチ液晶と比べてそれほど変わらないので、圧迫感はないです。液晶の輝度が高く、画面が大きいので、もうちょっと離れて見たい気がしますが、机の奥行きは限られているので、まあ仕方がない。輝度は下げればいいし。

iMacKeyMouseMidi

↑薄いキーボードと、左右ボタンのないマウスが付いてます。マウスの中心のポチっとした部分は、指で上下すると、スクロールホイールと同じ働きをします。

テストしたiMacのスペック詳細

  iMac 20インチ:2.0GHz(15万9800円)
CPU インテルCore 2 Duo 2.0GHz
ディスプレイ 対角20インチ(解像度1680×1050ドット)
メモリー 2GB (※テスト用に、1GB追加しました
HDD 250GB
グラフィック ATI Radeon HD 2400 XTグラフィックプロセッサー(ビデオメモリー128MB)
光学ドライブ 8倍速2層式SuperDrive(DVD±R DL/DVD±R DL/CD-RW
サイズ、重さ 46.9×48.5×18.9cm、11.5kg

この大画面でオブリビオンをやったら、さぞかし気持ちいいのでは?

bootcamp ←Boot Campアシスタントを使ってパーティションを切り、Windows VistaでiMacを起動して、まずはビスタのパソコンスコアをチェック。

iMacScore

↑お、なかなかいいんじゃないでしょうか。

次にオブリビオンをインストールし、ワクワクして起動したところ……

なーんか遅い。もったりしてる。

解像度1680×1050ピクセルで、オブリビオンの画質設定を「Ultra High」にし、そのほかの描画設定スライダーは右、って状態だと、馬で走り回ったときに、フレームレートが毎秒7とか8まで落ちてしまう。

まあ、画質設定が高すぎたのかな、と思い、じょじょに下げてみる。だいぶましになったものの、グラフィックの性能はあまり高くないようです。

Martin_iMac ←マーチンとiMacでコンニチハ、の図。

次に、「 Parallels Desktop 3.0 for Mac 」で Boot Camp のハードディスクを読み出し、仮想PC でオブリビオンが動くかやってみました。

仮想PCの設定は、

  • 使用ソフト:Parallels Desktop 3.0 for Mac (ビルド5160、2007年9月11日)
  • メモリー割り当て:1GB
  • ビデオメモリー割り当て:64MB(実メモリーが128MBなので、これ以上増やせませんでした)
  • Parallelsの設定で、「Enable DirectX suport(DirectXを使用する)」にチェックを入れる

結果は、惨敗

ParallelsOblivion

オブリビオンの画質は最低モードでやってみたんですが、それでもダメでした。VRAMの不足か!? くぅ~~!

オブリビオンランチャーを起動すると、音楽が鳴ってOptionsを設定するとこまでは無事行くんですが、playをクリックするとエラーで落ちます(Vista自体は生きています)。

今回テストしたのは、現行のiMacシリーズ4製品の中でもっとも安い機種でしたが、上位3機種は、グラフィックに「ATI Radeon HD 2600 PRO (256MB)」を搭載しているので、もしかしたらパラレルズでもオブリビオンが動作するかもしれません。

と、ここまで書いて気がついたのですが、実はParallels Desktopが対応しているのは、DirectX 9まででした! Windows Vistaをインストールした時点で、仮想PCで3Dゲームを動かすのは今のところ無理ってことですね。

~結論~
 iMac(20インチ:2.0GHzモデル)でオブリビオンを動かした結果

  • Boot Campの場合:大画面すぎて、フル解像度でオブリビオンを楽しむにはビデオ性能不足。表示解像度を落として描画設定を低めにすれば、そこそこ遊べる。
  • Parallels Desktopの場合:起動できない。

オブリビオンに関しては、普段見慣れているだけに辛口の評価になってしまいました。

4gamersで紹介されていたデモ版で新しそうなのを試してみたところ、

という感じでした。

Windowsのデバイスマネージャで調べてみると、iMac 20インチ:2.0GHzの搭載するビデオカードって、「ATI Mobility Radeon HD 2400 XT」……Mobility って付いてるじゃない! そっか、デスクトップ型だから、てっきりフル性能のグラボを搭載しているのかと思っていたら、ノートでも使える省電力版のグラフィックチップを使っていたのね。

iMacがあったら、Windowsゲーム機の代わりになるかな、と思っていたので、ちょっと期待外れの結果でした。とほー。

オブリビオンのキャラクターやNPCの顔をもっと美肌にしたい! 肌(スキン)のテクスチャーを高解像度のデータに差し替えるMODを紹介しましょう。肌差し替えMODにも、レッドガードだけ美肌にするとか、アルゴニアンの肌をリアルするとか、いろんな種類がありますが、まずは人間種族とエルフ種族の肌を中心に美肌にするMODです。※オブリビオンがキャラクターやNPCの顔を描写するのに使うデータについては、前の記事を見てくださいね~。

↓画像をクリックすると、拡大して見られます。

スキン差し替えMOD (MOD名をクリックするとダウンロード先のページを表示します)

Natural Faces v9.5 (Maboroshi Daikon氏作)…インペリアル、ノード、レッドガード、ウッドエルフ、ダークエルフ、オーク、ブレトン、ハイエルフの肌を、512×512ドットの高解像度テクスチャーに差し替え。眉毛が細くキリッとなるのが印象的。

IFT Improved Facial Textures 2.1 (SHADY TRADESMAN氏作)…インペリアル、ノード、レッドガード、ウッドエルフ、ダークエルフ、オーク、ブレトン、ハイエルフ、カジート、ドレモラの肌を、ドットの高解像度テクスチャーに差し替え。アニメっぽいきれいさのNatural FacesやDanis13に比べると、写実的な感じ。

Danis13 BEAUTY FACES v13 Full (Danis13氏作)…インペリアル、ノード、レッドガード、ウッドエルフ、ダークエルフ、オーク、ブレトン、ハイエルフの肌を、512×512ドットの高解像度テクスチャーに差し替え。Natural Facesをベースにしていますが、眉毛はやや太め。男性キャラでも、それほど違和感がなく使えます。肌の質感は、写実的というよりはアニメ調。

上の図では、違いがわかりやすいように、新キャラ作成時のインペリアルの女子デフォルト顔で撮影してます(画質設定は、HDRがオン、アンチエイリアスはオフ)。MODを入れていない初期状態では、拡大すると肌にブツブツした汚れが目立ちますが、MOD適用後はつるんとした均一な肌になっていますねー。3D形状はどれもまったく同じなのに、テクスチャーによって顔立ちまで違って見えるのは、お化粧で化ける現実の女子といっしょ!?

↓続いて、インペリアル男に肌テクスチャーMODを適用した場合を見てみましょう。

↓ノード女

↓ノード男

↓オーク女。Danis13とIFTは、顔の凹凸を表すバンプマップが反映されてませんね。

↓オーク男

↓レッドガード女

↓レッドガード男

↓ウッドエルフ女

↓ウッドエルフ男

↓ブレトン女

↓ブレトン男。眉毛や唇がデフォルトだとぼんやりしていたのが、くっきりしていい感じ。

↓ダークエルフ女

↓ダークエルフ男

↓ハイエルフ女。むむぅ、顔が長くて入りきらない。

↓ハイエルフ男

こうして並べてみると、MODによって眉毛の濃さや唇の描写に特徴が出ていますね。

お好みのスキンは見つかったでしょうか。肌テクスチャーを入れ替えると、NPCの顔も同時にきれいになるので、会話のときにアップになっても「うぉっ!」とおののかずに済みますよ♪

「The Elder Scrolls IV: Oblivion(以下、オブリビオン)」は、PC版だけじゃなくXbox版やPS3版も出ていますが、PC版のだいご味といえば、MODを追加して自分好みに改造できるところ。ところがMODを追加しすぎて動作が不安定になったり、最悪の場合はセーブデータを壊してしまうこともあるようです。

今回はMODを安全に導入するのには欠かせない「Oblivion Mod Manager通称obmm)」を使って、肌テクスチャー差し替えMODをインストールする方法について書きます。

肌テクスチャーを差し替えるMODは、たとえ導入に失敗したとしても大事にはいたらないですが、手動でインストールするのは面倒だし、まちがえのもと。obmmを使ってインストールすれば、テクスチャー入れ替えには欠かせないArchive Invalidationという作業を代行してくれるし、あとからMODを入れ替えたくなったときにも簡単に外せます。

それでは、具体的なやり方に入りましょう。OSはWindows Vistaです。

(1)Oblivion Mod Manager(obmm)のダウンロードとインストール

Oblivion Mod Managerをダウンロードします。現在の最新版は、バージョン1.1.5。入手先は、以下のどれかからどうぞ。zip形式で圧縮されているので、解凍し、ダブルクリックでインストールします。

  • 作者さんのサイト(downloadをクリックし、Self installerのリンクをクリック)
  • Planet Elder Scrolls※無料会員登録が必要。obmm.zipをクリック)
  • TES NEXUS※無料会員登録が必要。obmm installer versionをクリック)
  • Windows XPの場合は、インストールする場所を特に変更する必要ありませんが
    Windows Vistaの場合は「Program Files」じゃない場所にインストールすることをオススメします(できればOblivionゲーム本体も含めて)。

    なぜかというと、Windows Vistaのセキュリティー設定により、「Program Files」の中にファイルを追加しようとすると、Administrator権限でログインしているのにもかかわらず、いちいちセキュリティーで怒られるからです(うざくてしょうがない)。

    すでにOblivion本体もobmmも、「Program Files」にインストールしてしまった場合は、セキュリティー設定を手動で変えましょう。

    ■Windows Vistaでの 「Oblivion」フォルダーの設定変更(XPの場合は不要)

    1、「Program Files」→「Bethesda Softworks」→「Oblivion」フォルダーを右クリックして、「プロパティ」を選択。

    2、「セキュリティ」タブをクリックし、「詳細設定」ボタンをクリック。
      

    3、「アクセス許可」タブで「編集」ボタンをクリック。

    4、「あなたが開始した操作である場合は、続行してください」と警告が出るので、「続行」をクリック。

    5、「アクセス許可」に戻るので、「アクセス許可エントリ」欄から「Users」を選んで「編集」ボタンをクリック。

    6、「フルコントロール」を許可にチェック。「適用先」は「このフォルダ、サブフォルダおよびファイル」です。「OK」ボタンをクリック。これでOblivionフォルダーにMODファイルを追加しても警告が出なくなります。 

    7、最後に、OblivionModManagerと付属アプリケーションを、管理者モードで実行する設定にします(Vistaの場合、必須。obmm1.1.5では、これをやらないと全機能が表示されない)。「Program Files」→「Bethesda Softworks」→「Oblivion」フォルダー内にある「OblivionModManager」を右クリックしてプロパティを表示し、「互換性」タブにある「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェック。同様の操作を、「Program Files」→「Bethesda Softworks」→「Oblivion」→「obmm」フォルダー内にある「NifViewer」と「7za」にも行います。

    8、ふー、やっと終わった。この設定後にobmmを起動すると、下のような警告が出ます。これは、セキュリティー設定を変更する前に、Vistaによって「VirtualStore」という隠しフォルダーに移動されたOblivion関連のファイルを、Program Filesにあるoblivionフォルダーの中に戻すよ、という意味です。「はい」をクリックすると、virtual storeから、Oblivion関連ファイルが移動します。

    ※Oblivionフォルダーのセキュリティー設定を変えない場合は、Oblivion関連の追加ファイルは、Cドライブの「ユーザー」→「ユーザー名」→「AppData」→「Local」→「VirtualStore」→「Program Files」→「Bethesda Softworks」→「Oblivion」の中に書き込まれます(Vistaの場合)。フォルダオプションで「すべてのファイルとフォルダを表示する」設定にしないと、フォルダーごと見えないので注意!

    (2)追加したいMODをダウンロードする(XP、Vista共通)

    使いたいMODをダウンロードします。ここでは、既存種族のお肌をきれいにするMOD「Danis13 BEAUTY FACES v13 Full(→詳しくはこちら)」を例に進めます(→ダウンロードはこちらから)。

    たいていのMOD作者さんは、obmmを使うのを考慮して、圧縮されたファイルの第一階層に「data」フォルダーを置き、その中にデータを正しく収納してくれているので、ほとんどの場合はダウンロードした圧縮ファイルを解凍しないでもだいじょうぶ。

    (3)obmmにMODを登録

    Oblivion Mod Manager(obmm)を起動し、(1)「Create」ボタンをクリック。omod creator画面が開くので、(2)Name欄にMod名を入力します。(3)「Add archive」ボタンをクリックし、先ほどダウンロードしたMODの圧縮ファイルを指定後、(4)「Create omod」ボタンをクリックすると、解凍と再圧縮が自動で行われます(作者名と説明文を入力してないよ!と注意されますが、OKをクリック)。

    ちなみに、今回例に取り上げた肌テクスチャー差し替えMODの場合、espファイル(Elder Scrollsプラグインファイル)は含まないので、この画面ではファイルが何もないように見えますが、「Data file」の丸い印をぽちっと押すと、登録したMODの中に、どんなデータが含まれているのか確認できます。

    (4)登録したMODをアクティブ化する

    これでダウンロードしたMODを、obmmに登録できました~(わーパチパチ)。でも、obmmに登録しただけでは、そのMODはゲームに反映されません。obmmに登録されたMOD名をダブルクリックすると、そのMODをアクティブ化できます。アクティブ化すると、MOD名の左にある■が黄緑色から青に変わります。

    (5)obmmを使ってオブリビオンを起動

    obmmで設定したMODの設定をゲームに反映させるには、通常のOblivionランチャーではなく、obmmからオブリビオンを起動しなくてはなりません。obmmの「Launch Oblivion」ボタンをクリックします。初回時は、下のような警告メッセージが出るので、「shift」キーを押しながら「OK」をクリックしてください(これは、通常のOblivionランチャーを使って起動して、obmmの設定が反映されないと苦情を言うユーザーがあまりに多かったため、うんざりした作者さんが取った対策だそうです)。一度「shift」クリックすれば、あとは表示されません。

    オブリビオンを起動して、キャラクターやNPCの顔が以前よりきれいな肌になっていれば、導入成功です。MODが気に入らなかった場合は、obmmを使ってMODをアンインストールしましょう。

    使わないMODを非アクティブ化するのも簡単

    obmmを起動して、MOD名をダブルクリックするか、「Deactivate」ボタンをクリックすれば、OblivionのDataフォルダー内にインストールされたMODファイルがきれいに消されます。obmmに登録したMOD自体はそのまま残っているので、再度使いたい場合はobmmでMOD名をダブルクリック(または「Activate」ボタンをクリック)するだけ。

    手動でインストール、アンインストールしていたのは今思い出すと悪夢です。

    MODはグループ化しておくと、あとあと便利!

    obmmには、MODをグループ化する機能があります。これを使って、たとえば肌を入れ替えるMODは「skin」というグループに分けておけば、肌MODだけ表示させたいときはobmmのグループ名で「skin」を選ぶと、肌関係のMODだけ一発で表示できるので便利です。

    MODの数が増えていくと、どれがなにやら名前だけでは思い出せないときもあるので、グループ化はこまめにやっておいたほうがあとあと便利かも。MODの入れすぎで不安定になったときは、同じグループにあるMODを一覧できるので、原因究明に役立ちます。

    グループ名を新規作成するには、[Edit groups]を選択。Noneと入力されている欄に、新グループ名を入力し、「Add」ボタンをクリック。

    MODをグループに登録するには、obmmメイン画面でMOD名を右クリックして「Group」から指定します。1つのMODを複数のグループに登録できます。

    特に建物を追加するMODは、同じ場所にほかのMODが影響してバグることがあるので、「place」とかグループ名をつけて分類しておくといいでしょう。

    私はこんなふうに分類してますが、これは自分のわかりやすいものにアレンジしてください。ちなみに日本語も入力できますが、グループデータをExport機能で書き出したときに文字化けするので、アルファベットでつけたほうがいいです。

    • skin/hair (肌テクスチャーと髪型を変えるMOD)
    • Body Replace(体型変更MOD)
    • item(アイテムを追加するMOD)
    • dress (服や鎧を追加するMOD)
    • place (場所や建物を追加するMOD)
    • quest (新規クエストを追加するMOD)
    • companion (旅の仲間を追加するMOD)
    • add race (新しい種族をキャラ作成時に追加するMOD)
    • animation(ポーズやアニメーションを追加するMOD)
    • System(ゲームバランス変更系MOD)
    • UI(地図やメニューなどインターフェースを変えるMOD)

    こうして書き出すと長いですが、実際にやってみると簡単ですから!

    obmmでMODを思う存分楽しみましょう!

    先日 iMacでHellgate: Londonが動作しないと書きましたが(→過去記事はこちら)、動くようになりました!

    マイクロソフトのサイト「Windowsゲーム開発に仮想アドレス空間の使用」から、 Windows Vista 32ビット版のパッチをダウンロードして適用したら、動きました。

    (上のマイクロソフトのサイトは、機械翻訳のページのため、何をいっているのかヒッジョーにわかりにくいです)。

    速度的には、ゾンビやら巨大なモンスターがわさわさ出るシーンではちょっと重いかも、って感じですが、ほぼ問題なく遊べます。

     

    ほかにも、モンスターハンターフロンティアもやってみました。

    ↑ 肉焼き~~♪

    iMacのBoot Campでウィンドウズ用ゲームを動かした結果まとめ

    • Hellgate: London …… マイクロソフトからパッチをダウンロードしたら動くようになりました。動作速度は、まあまあ。
    • モンスターハンターフロンティア …… ぜんぜん問題なく遊べました。
    • ロストプラネット …… DirectX 10に初対応したゲームだったっけか。デフォルトの画質設定だと、もったりしてダメ。フレームレートが6~9くらいしか出ない。
    • オブリビオン ……中程度の画質で問題なく動作。

    みんな大好き、ミスティックエルフ! PC版オブリビオンで美形キャラを作りたい人の定番MOD、「Ren's Beauty Pack」で追加される新種族・Mystic Elf は、美人さんが多いことで有名です。

    でも、インペリアル種族でキャラを作ってしまった私。いまさら新キャラを作成するのはいやだけど、ミスティックエルフみたいな美肌になりたーい……。

    そんな人にうってつけのMODが、これ↓。

    Face Enhancer Mod .01(Dustin Lemoine氏作)…「Ren's Beauty Pack」に含まれる新種族「Mystic Elf」の顔テクスチャーを、ハイエルフ、ウッドエルフ、インペリアル、ブレトン、レッドガード、ノードなどの既存種族(およびバンパイア)の顔に貼り付けてしまおう、という少々強引なMODです。

    このMODは、Ren's Beauty Pack(Full) や、Ren's Beauty Pack(hair only) をすでに導入している場合も、併用できます(Ren入れてない場合でも使えます)。

    さて、それでは変身後の姿を見てみましょー! どーなるかなー。

      

    ↓こうなりましたー。

    なかなかきめ細かなお肌が、ミスティックエルフっぽい?

    でも、室内ではよさそうに見えた肌が……

     

    ↓屋外だと、病的な白さに!!  なんだ、このクマは! 徹夜明け!?

    このMODを導入すると、NPCの肌も入れ替わるので、見に行ってみましょう。

    まずは女性陣NPCから……(画像をクリックすると、別窓に拡大できます)。

    むー、女性陣は、なかなかいい感じですね。でもやっぱり屋外だと白飛びしてる。

    ↓気を取り直して、お次は男性陣NPCのお顔を拝見(画像をクリックすると、別窓に拡大できます)。

    こうして縮小された図を見ると、けっこうよさそうに見えますが、ゲーム内で見ると、ちょっときれいすぎというか……だいぶイメージが変わってます。

    男性も女性もどの種族も、みんな同じ唇(縦すじ+つやつやっ)になるのが気になります。

    むーー、やっぱり肌だけミスティックエルフ化するのは、無理があるようですね。

    私は、「Danis13 BEAUTY FACES」に戻すことにしまーす……。